2010.05.21

逗子開成中学高等学校の、中3の作文のび太という生き方が注目されてます

のび太ってダメキャラなのになぜか世間で注目されてます。

ことの発端は逗子開成中学高等学校、中学生の作文“のび太という生き方”で中3の糸久拓見くん(あるところから仕入れてきました、名前が間違っていたらごめんなさいです)はドラえもんのダメキャラのび太にスポットライトを当てたのです。

作文中でのび太の中で眠っていた原石が磨かれ自己を成長させ宝石になったのである。と書かれています。「ドラえもん」はたかがマンガですが著者がこめたさまざまな問題へのメッセージがあるようです。マンガという概念を取っ払ってもう一度見てみたいね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
投資信託商品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。